「DAISHOGUN GD2」1台持って、香港・マカオ・中国で使ってみた

僕自身、仕事で毎月訪れている香港へ、中国(深セン)へ、そして、マカオへ、「DAISHOGUN GD2」を持っていってきました。

実は、この三カ所は、すごく近いのにも関わらず、それぞれ別々の通信会社を利用しなくてはなりません。

以前は、香港用、中国用、マカオ用と、それぞれ別々の Pocket WiFi を持って行っていました。

ですが、今回は「DAISHOGUN GD2」のみを持っていき、クラウドSIMという、最新テクノロジー・最強スペックを満喫することにしました。

さて、どうだったでしょうか?

ここから2泊3日の「DAISHOGUN GD2」との旅が始まります。

 

 

<1日目/香港>

まず到着地の香港での使用は、以前の香港専用でも困ったことがありません。

非常に安定していて素晴らしいのが香港のWiFi 環境です。

だから、もともと高品質ですから、逆に「DAISHOHUN GD2」のレベルのほうが低いのではないかと思って使用してみました。

結論。

全く遜色ありません。

香港の空港に到着して、電源をON にした後、クラウドSIM との接続を自動で行っている間、少し時間はかかりましたが、それ以外、スピードも全く変わらないほど出ます。

初日は、夕方に香港に到着して、使用したので、電池のバッテリーもほとんど減ることなく、ホテルで電源につなげて寝ました。

 

<2日目/マカオ>

フェリーに乗って、マカオへGO!です。

ここは当社のほうでもサービスを展開していたのですが、マカオ専用 Pocket WiFi は、全然電波が安定せず、WiFi環境としては、香港とは打って変わって、非常に厳しかったのですが、世界中で使える魔法の端末「GoodSpeed」のアジア周遊SIMを使うと安定して使えました。

ですが、この「GoodSpeed」。

電波は安定するのですが、いかんせん周遊SIMなので、通信料が非常に高く、電池の持ちがとにかく厳しかったです。

そこで、今回は、「DAISHOGUN GD2」のほうはどうでしたでしょうか?

と心配しながら持っていきました。

当然、香港で電源をつけたまま、フェリーに乗って、マカオへ行ったので、到着した時には、いつの間にか、つながって既に利用できる状態になっていました。

もうこのことで衝撃!

勝手にクラウドSIMにつないで、通信を開始してくれているのです。

速度も出ていて、今までにない快適さでインターネットできます。

まさにマカオがは、圧勝で、過去のどの Pocket WiFi よりも上でした。

非常に満足して、無事出張を終え、夜暗くなってから、香港に戻りました。

電池は、1目盛減っているだけでした。

これも当たり前のことですが、以前の「GoodSpeed」の弱点を解消してくれています。

価格も安いです。

 

<3日目/中国 深セン>

さて、この日は、陸続きで、香港のお隣の中国(深セン)へ。

陸続きでお隣といっても、中国のパスポートコントロール目前になると、香港の WiFi が切れてしまい、中国用のPocket WiFiを持っていないと、一切の通信ができなくなります。

さらに言うなら、中国専用の Pocket WiFi を持っていたとしても、中国の GREAT FIRE WALL により、

・Google系サービスの全て
・LINE
・Facebook
・Instagram
・Twitter等

全て使えなくなります。

では、実際、当社の「DAISHOGUN GD2」はどうでしたでしょうか?

完璧で、最高です。

電源をつけたまま、中国に入ったので、そのままつながりました。

そして、過去、中国専用 Pocket WiFi を持って行った時は、上記のアメリカ発の各サービスが一切つながらず、中国が創り上げた WEIBO 系サービスしか使えなかったのに、全くストレスなく、上記のサービス。

すなわち、

・Google系サービスの全て
・LINE
・Facebook
・Instagram
・Twitter等

全てつながります。

Google Map もサクサク。

Facebook もサクサク。

最高の快適性です。

 

その日、一日、通常どおりスマートフォンとPCを使い倒して、電池の減りもほとんどなく、素晴らしい旅となりました。

最後に、しつこいくらいに書きますが、

 

本当に、「DAISHOGUN GD2」は最高です!

 

これ一回使うと、手放せなくなります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。